看護師派遣 > 看護師派遣会社の賢い選び方

看護師派遣会社の賢い選び方

最近は男性の夜勤専従看護師の求人も増えてきましたが、まだまだ看護師の世界は女性社会であることには変わりありません。 女性は結婚や出産で看護師を一時的に辞めないといけないこともしばしばです。 ですが、せっかく取得した看護師の資格を活かしたいと思っている女性も少なくありません。

しかし、実際に自分を取り巻く環境を考えると常勤看護師で働くには無理があります。 そこで人気があるのが、派遣というスタイルでの働き方です。 派遣看護師として働くことで、自分のライフルタイルに合わせて時間や期間の調整ができるので、特に育児や親御さんの介護で長時間勤務が不可能な方には重宝されています。

「それだったら、派遣でなくてもパートで看護師すればいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、時給が高いのは派遣看護師の方です。同じ時間で働くならば少しでも時給が高い方がいいですよね。 そして、最近の派遣会社は福利厚生面も充実しているところが多いので、パートよりも派遣看護師の方が色んな面で優遇されています。

ですから、派遣看護師として働いている方は増えてきています。 それに、看護師のブランクを調整する意味でも派遣看護師は適していると言えます。 このように派遣看護師の需要が高まると、看護師専門の派遣会社も自ずと増加してくるのは当然の成り行きかもしれませんが、利用者側としては沢山ありすぎて派遣会社を選ぶのに一苦労という場面もでてきます。

そこで、看護師派遣会社の賢い選び方をご紹介しましょう。

まず第一条件として、求人案件を多く持っている会社を選ぶことです。それも、病院に限らず看護師を必要とする施設や企業など豊富な職場の求人案件を扱っている派遣会社がベストです。 看護師の仕事をするにしても、病院以外の職場で働きたい方もいらっしゃるはずです。

そんな方は特にチェックポイントとして重要視した方がいいでしょう。 また、看護師派遣会社も数多くありますが、その中でもやはり看護師派遣業界で有名な大手の派遣会社には、各方面から求人案件が集まってくる傾向が強く見られます。

やはり大手だけあって、経営もしっかりしていますし、派遣の実績もあるからでしょう。 そして、派遣会社には、看護師の希望条件に合った派遣先を提供する専門のコーディネーターがいますが、優秀なコーディネーターが揃っている派遣会社でしたら安心です。

例えば、自分の条件と派遣先の職場条件が一致しなかったり、納得いかない場合、自分の代わりにコーディネーターが条件を呑んでくれるように交渉してくれるので安心して任せられるからです。(看護師側の要求を適えるべく条件交渉にあたってくれるところは意外と少ないので貴重な派遣会社と言えます)

チェックポイントをまとめると‥

①病院以外の施設や企業の求人案件も豊富である
②看護師派遣会社として有名な大手派遣会社である
③優秀なブレーンが揃っている

以上の3点に重点を置いて看護師派遣会社を選択すると、自分の条件に見合った派遣先を紹介してもらえるはずです。

看護師の結婚後の働き方

看護師として働いている最中に結婚をし、そのまま仕事を続けようと思っている場合は、いくつか考えておきたいことがあります。

まず、看護師という仕事は非常にハードな職場が多いため、妊娠を希望しているのであれば残業や夜勤があまりない職場を希望したほうがいいでしょう。

そのため、転職をしたり、配置換えを希望したほうがいいケースもあります。

注意しなければならないのが、妊娠をしてからのことです。 妊娠をしたということはそのうち産休を取らなければならないということですよね。

看護師が働く職場の中にはギリギリの人数で仕事をしているところも多いため、看護師が一人産休に入ってしまっただけで他の看護師や医師に迷惑をかけてしまうこともあります。

そういった事態を避けるために、妊娠したことがわかったら早めに上司に報告しましょう。 早めに報告しておけば新たな看護師を補充するなどの対応ができます。

妊娠をしたあとは、退職するか休職するか悩む人が多いと思いますが、どちらが向いているかというのは職場によって違うと言えるでしょう。

というのも、女性にとって働きやすい環境を目指している職場であれば無理なく働くことができますが、そうでない場合は退職という手段しか残されていないことがあるからです。

妊娠初期の時期といえばつわりがつらい時期でもありますよね。 こういったことに対して理解がある職場ならば安心して働くことができますが、それでも個人の体力や精神力によってはどうしても働き続けるのが難しいということもあるでしょう。

無理をして切迫流産などに繋がってしまっては大変なので、妊娠をしたあとは自分の体と赤ちゃんのことを一番に考えて行動しなければなりません。

人手が足りないという理由でギリギリまで働いてほしいと言われてしまう人もいますが、そういった職場だと育児休暇も十分に取ることができずに職場復帰を頼まれる可能性もあります。

出産を機に今の職場が自分にとって本当に働きやすい職場かどうか考えてみるといいでしょう。

看護師はしっかり有給を消化できる?

給料の高さに魅力を感じて看護師という職業を選ぶ人もいるようですが、看護師にも様々な悩みがあります。 例えば、休みが少ないということ。

いくら給料が高かったとしても、忙しくてまともに休みが取れないということになると体を壊してしまうことになるかもしれません。

ですが、休みがどれくらいあるのかというのは、病院によってかなり違いがあります。 中には休みが年に125日以上もある病院もあるのです。

どこの病院でも休みがないのは同じだろうと考えて転職に踏み切れない人もいるようですが、あまりにも休みがないことに悩んでいるのであれば転職という方法も検討したほうがいいでしょう。

休みが少ない職場だと、年末年始の休暇はもちろんのこと、結婚休暇や出産休暇もまともに取れない場合があります。 これは有給消化の問題にも関わってくるので、できることなら就職をする前に職場の有給消化率についてチェックしておきたいですね。

事前に情報を集めるのは簡単ではありませんが、インターネット上の口コミ情報からそういったことがわかる場合もあります。 そもそも有給というのは、働いた日数に応じてもらえる休みの権利です。

半年以上勤務している場合は10日間以上というように日数が決められており、有給を申請された側はそれを拒否することはでいないと法律で決められています。

ただ、有給を希望した日がどうしても病院側にとって都合が悪いということであれば、休暇日の変更をお願いすることなどは可能です。

では実際には看護師の有給消化率はどれくらいになっているのかというと、これは50%を割り込んでいるというデータもあります。

つまり、有給を使えないまま無効になってしまっているということですよね。 周りが申請しないので自分も申請しにくいという状況になっている人もいます。

できる限り有給をしっかり消化できる職場を選びたいと思っているのであれば、転職をする際に病院の内部事情に詳しい転職サイトを活用し、情報を収集してから転職先を選んでみてはどうでしょうか。