ブランクのある看護師さんの転職を応援します!

看護師、ブランクがあっても転職は大丈夫?

Q. ブランクがあっても転職は大丈夫?

結婚や妊娠・出産を経て、ようやく生活が落ち着いてきたため、 そろそろ看護師として再出発しようか考えています。 しかし、現場から離れて既に5年が経過しています。 元の職場での経験は、現在の最新医療とは程遠いところで働いていたこともあり、 新人さんと同じように全く機能できないだろうと思っています。

このような状態であっても看護師の国家試薬は持っているため、 何とか再度働きたいと思っています。 それでもブランクが心配なので、教育熱心なところを探す方法が知りたいです。

A.教育システムが充実している環境は多くなっているため、転職は問題なし。

ライフスタイルの変化によって、現場を離れてしまうことは多く存在します。 しかし、人生におけるターニングポイントで退職を選択しても後悔はないはずです。

ただ、看護師として復帰を望むのであれば、できるだけ現場から離れたくないと考え、 育児休暇などを取得しながら努力している看護師も存在します。 こうしたケースは年々増加していますが、一方で生活に大きな負担が生じます。

できるだけ生活面に対する配慮も行いつつ、ブランクを埋めることができるのであれば、 復職するのにも魅力が感じられるようになるのです。 だからこそ、教育システムを導入しており、どのような人材が入ったとしても、 適切なスキルアップを望むことができる環境を手にすることが、施設に求められています。

ブランクがある状態の看護師であっても、復職に対する支援内容が転職サイトに記載され、 多くの情報から選択するようなスタイルも存在します。 絞り込み機能があるのであれば、「ブランク有り」などの条件指定を行うのも手です。

復職者を支援するために、現状把握を行いながら個別支援を講じる方法も導入され、 スムーズな教育を施しつつ、現場に慣れてもらいたいという意欲が宿り、 積極的にどこかで経験を積んできた看護師をつかまえる傾向が高まっています。

少しの経験でも現場の雰囲気に慣れるまでの時間は短いからこそ、 意識的に経験者を探すという求人も出ているのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP