転職しやすい状態はまだまだ続くの?

看護師の転職は売り手市場と言われていますが本当?

看護師は人手不足に悩まされており、求人も多いと言われています。 看護師の転職マーケットの実際はどうなっているのかを探ってみました。 看護師の転職は売り手市場と言われていますが本当なのでしょうか?

日本は少子高齢化がすごいスピードで進んでいます。 2011(平成23)年の統計では総人口のおよそ23%が65歳を越す高齢者となっているのです。 50年後には総人口の40%近くが高齢者になるという予測もあります。

このまま時代が進んでいけば、より一層医療に対するニーズが高くなることは疑いの余地がありません。 医療業界全体で捉えても慢性的な人手不足ですから看護師の転職マーケットは完全に売り手市場と見て間違いありません。

看護師を含んだ医療業界は景気や経済動向の影響は受けにくいです。 全国的に看護師の資格を持っている人には安定的な求人状況が継続するでしょう。 少子化で若年層が少なくなると看護師に新たになる人も少なくなりますから自然に今以上看護師の価値が高まります。

そして<医療観光>や<医療ツーリズム>も大きな成長が見込まれています。 医療を目的にした旅行です。 自国で受けることができない医療やリーズナブルな料金の医療や高度の医療スキルを求めて外国人が訪問してきます。

国際的にも高く評価されている日本医療は外国人にもセールスし始めています。 <医療通訳>と称される医療知識を持っている通訳を育成したり旅行会社で専門セクションを作る動きもあります。 外国語に堪能な看護師や医療観光に関する仕事などますます活躍の場は拡大します。

以上のように看護師の転職は売り手市場と言われていますがそれは本当でした。 近頃の転職活動のトレンドとしてスマートフォンを使う人が増えています。 看護師専門の求人サイトもスマートフォン対応しているところが増えてきました。

通勤途上や休憩中に情報収集できるので、効率よく転職活動ができるでしょう。 病院やクリニックのみならず一般企業でも看護師のニーズが高まっていますから広い視野を持って転職に挑んでみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP